TOP > 生産体制 > 生産設備

生産体制

生産設備

ユニフォーム分野では国内最大の生産力

生産力

ユニフォーム分野では国内ナンバーワンの生産能力を持つ工場で、近代化・合理化を見据えた最新鋭の機器を装備。生産環境として厳格な管理体制を構築し、糸種別・用途別のきめ細かな検査工程を行うなど、品質への徹底したこだわりと、リアルタイムで生産情報を管理する体制を整えています。

第1工場・第2工場

高機能を備えた長繊維織物を製造する第1工場と、天然繊維と合成繊維との紡績糸など短繊維織物を製造する第2工場を有しています。両工場で織機400台超を保有し、主力商品である中肉厚地で長短複合を素材とするユニフォームを中心に生産を行っています。さらに最新鋭織機を導入し、生産力を高めています。

第3工場

第3工場は第1、第2工場の製織の前工程である準備を行う工場として整経機、整経糊付機、捲返機を装備。さらに2012年野々市工場から炭素繊維織物の製織設備を移管し、世界シェア1位である東レの基幹工場として一般産業の各用途への供給、航空機用織物の開発を行っております。

製造工程

社内の生産の動きを把握し、原糸の入荷から検査・出荷までの情報を管理しています。

製造工程フロー図
整経

チーズ、コーン、パーンなどに巻かれた糸を、所要の本数をクリールにかけ、糸の本数や長さを決めて経糸を正確にビームに巻き上げます。


糊付

経糸に糊液を必要量付着させ乾燥して、繊維の収束性を高めます、糊付はビーム1本に対しての方法と、何本も重ねての方法を採用し最適条件で糊付しています。


ビーミング

糸の本数や長さを確実に正確に揃える工程。織物の種類によって、必要な経糸本数と長さを、ビームに巻き取ります。


ドローイング

経糸の最後の準備工程です。経糸を1本1本、ドロッパー、ヘルド(綜絖)、リード(筬)の順に通していきます。


織布

準備された経糸と緯糸を織機上で交差させ、織物にする工程です。整経からドローイングを経た経糸に対し緯糸を送り込み、織物として完成させます。

■エアージェット
空気の力で緯糸を送り込む。多品種糸、広幅、高速対応。
■ウォータージェット
水の力で緯糸を送り込む。安価で製造可能。

乾燥

ウォータージェットで製織した生機を乾燥します。


検査

最終的に仕上がった製品が所定の規格通りであるか、織キズ及び潜在欠点がないか細かにチェックします。

ページトップへ