TOP > 会社案内 > 沿革

会社案内

沿革

1894年(明治27年) 一村産業の前身 一村吉松個人創業開始
1950年(昭和25年) (合)正谷機業場酒井分工場操業
1954年(昭和29年) 丸和織物株式会社として独立創業開始
1961年(昭和36年) 和余織物(株)買取合併
四柳織物(株)買取合併(四柳工場)
1964年(昭和39年) 三和サイジング(株)買取合併(四柳工場)
1967年(昭和42年) 織物工場改善事業参加 WJL導入開始(第三工場)
1969年(昭和44年) 東洋サイジング(株)買取合併(押水工場)
1973年(昭和48年) 丸高織物(株)買取合併(鹿西工場)
1974年(昭和49年) 本江工場設置(現 第1工場)
1986年(昭和61年) 新丸和織物株式会社の設立
2001年(平成13年) ノトテックス(株)を吸収合併し押水工場とする
炭素繊維織物事業開始(旧東和織物(株))
2002年(平成14年) ISO9001取得(炭素繊維織物事業)
2003年(平成15年) 押水工場を羽咋工場へ統合
2004年(平成16年) 東和織物(株)と合併し創和テキスタイル(株)に改称
本社・羽咋工場、野々市工場の2工場体制とする
2012年(平成24年) 野々市工場を羽咋へ統合。羽咋市釜屋町に用地取得し3工場体制とする
羽咋市本江町 本社/第1工場:長繊維織物事業
酒井町 第2工場:短繊維織物事業(旧野々市工場)
釜屋町 第3工場:長短準備工場(羽咋・野々市)
第3工場:炭素繊維織物事業

ページトップへ